読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Reviews

What I've seen, read, played.

Monsters University

http://vignette2.wikia.nocookie.net/pixar/images/8/8e/Monsters_uni_post_2.jpg/revision/latest?cb=20121130154523

 

Overall: ☆☆☆

Story: ☆☆☆☆

Visual: ☆☆☆

Music: ☆☆☆

 

This is a story of Mike and Sulley who were Monsters Univesity's student.

Mike wanted to be a "Scarer" monster since he was a child.

But his classmates dislike him because his appearance was small, and obviously he was not "Scary".

He made an effort and enrol the Monster University's scary course. 

Then he met a Sulley. He has essential "scarer" talent because His family is talented scarers.

Sulley and Mike stood at opposite side, But this two guys make some trouble, but also interesting story.

 

モンスターズインクのサリーとマイクが大学生だった頃のストーリー。

マイクは小さい頃から「怖がらせ屋」になりたいと思っていた。しかし彼の姿は小さく、全く怖くなかったのでクラスメートからは嫌われていた。

彼は努力をしてモンスターズユニバーシティーの恐怖プログラムに入学。

そこでサリーと出会う。彼は本質的な怖がらせ屋としての才能を持っていた。何故なら彼の家族は才能あふれる怖がらせ屋だったからだ。

マイクとサリーは正反対の場所にいた。しかしこの二人が様々なトラブルや物語を巻き起こす。

 

I watched the "Monsters.inc" when I was 8, or 9. Then I really impressed the story.

Monsters.inc made some trend in Japan.

This another story is quite interesting. But I guess, it's not necessary to make this movie.. Because after that, a monsters make a "laugh" instead of "Scary"in the Monsters.inc's story. That's why sometimes I thought "Is this story necessary?"

But except to the logical theory, It has a good message for young people. It says that a If you don't have a talent, a dream can come true by an effort.

 

モンスターズインクは私が8~9歳の頃にロードショーで観た。このストーリーには幼いながらに感動した覚えがある。日本の中でも、モンスターズインクはトレンドになったと思う。

この続編はとてもおもしろい。でも意見としては、この映画作る必要あったかなあ?と思ったりもした。なぜならモンスターズインクのストーリーは、「笑い」を「恐怖」の代わりに作り出すことになっていくというのがラスト。だから時々、この恐怖を作ることにフォーカスを置いたこの作品って、重要なの?という疑問はあった。

でもこういう理屈っぽいことを抜きにすれば、この物語は若者に良いメッセージを含んでいる。もし自分が才能や良い体格を持っていなかったとしても、努力で夢をかなえることは出来るという強いメッセージが見える。