読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Reviews

What I've seen, read, played.

Zootopia

http://cdn.collider.com/wp-content/uploads/2015/12/zootopia-movie-poster.jpg

 

動物たちが人間のように進化した世界で、田舎育ちのうさぎ・ジュディは警官になることを志していた。体格も小さく力もない、しかも女性であるジュディは警官にはなれないと周囲から言われていたが、類まれなる努力と才能で見事主席で警官学校を卒業する。

そして晴れて動物たちの首都「ズートピア」で警官になることに。ジュディは希望に胸を膨らませてズートピアへと赴くが、そこでジュディは様々な問題にぶつかることになる。

 

全体:☆☆☆☆☆

ストーリー:☆☆☆☆☆

映像:☆☆☆☆

音楽:☆☆☆☆

 

ひっさしぶりの映画。最初から結構期待していた作品だったけど、期待値の上を行く面白さで恐れいった。

テーマは紛れも無く「人種」。様々な動物を人間社会で起こる人種差別や、固定概念に当てはめて、可愛らしくも痛烈に、強いメッセージ性を込めて語りかけてくる。

そして個人的にお気に入りなのが、ジュディのポジティブさ。簡単なことで諦めたりしないで真っ直ぐに前を向き続ける姿は、現代社会の人々が失い始めていることの1つなのかもしれない。

また、狐のニックに出会いパートナーのように動きながら、自分たちの共通点や、いいところを見つけていく。ジュディは狐に偏見を持っていて、そしてニックもまた色々なことを諦めてしまっていたのが、少しずつ二人の考えがお互いの存在によって変わっていく。まるで人間社会に足りていない、個人と個人の真っ直ぐなかかわり合いを描いていて、凄く素晴らしいと感じた。

また、ジョークや笑わせどころも非常に秀逸。パイレーツやオマージュなど、様々なネタを気づくか、気づかないかのところにところどころに潜ませてあるのが、まるでテーマパークを回っていて小さな発見に気づくときのような、そんな気持ちにさせてくれる。

動物たちも、ただ動物であるというわけではなく、その習性も動物を研究してある。更に、人間で「こういうやつ居るよね」というのを動物で体現してあるのも、中々に秀逸である。

 

今までディズニーのCG映画は商業的で、あまり好きなれなかったのは本音だが、正直に言ってズートピアはお世辞抜きで完成された素晴らしい映画だった。CGという素材との兼ね合いもよく、「何故これをCGでやったの?」というような原初の疑問を感じる作品ばかりが生まれている昨今、この作品はある意味CG作品に革新を与えた。

 

個人的にはオープニングがシンパシーを感じて、号泣しました。