読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Reviews

What I've seen, read, played.

しろいろの街の、その骨の体温の

見渡す限り、真っ白な色で統一されたニュータウン。ニュータウンは絶えず開発を進めるための工事の音で騒がしかった。子どもたちが見つけた遊び場も絶えず変わり、小学校には学期が変わるごとに、5〜10人以上の子どもたちが転向してきた。そんな街に住む…

幼少期好きだった絵本

ガブリエル・ハンサン「たまご」「セレスティーヌ」 未だに読みます。 「100万回生きた猫」 好きです。 「思いがけない贈り物」 沁みます。 「どろんこハリー」「ひとまねこざる」 かわいい。 「やまあらしぼうやのクリスマス」 泣く。

幼少期読んだファンタジー小説

[ハリー・ポッターシリーズ] 人格形成 [ダレン・シャンシリーズ] 中二病発症 [デルトラ・クエストシリーズ] 趣味が鉱石集めになった理由 [指輪物語] 中二病が悪化 [バーティミアス] 読んだのに、覚えていない [魔法使いハウルと火の悪魔] あんまり覚えていな…

孤独を生ききる

この本を手に取った19歳の自分が心配。色々な人のエッセイというか、自伝的な本を買いまくっていた時期(美輪明宏、岡本太郎とか)に手にとったものだったが、内容がちょっと大人っぽいので途中で読むのをやめていたものだったが、最近気になってまた読んで…

土の中の子供

全体:☆☆☆☆ ストーリー:☆☆☆ 男の日常の中に垂れ籠める、陰鬱で重苦しい空気を感じた。一緒に生活している女、幼い日の彼に起こった事件、すべてが繋がって今の彼になり、彼自身それを受け止めそして拒絶とも受容とも捉えられる答えを出して行く。くすんだ灰…

悪童日記

全体:☆☆☆☆☆ ストーリー:☆☆☆☆☆ 読み終わったときには衝撃を受けて暫く放心した。重たいがどこか不思議な空気感が文から伝わってくるような雰囲気だった。少年達の幼いが故の残虐さがどこか心地よいような気分にもさせてくれた。

地球から来た男

全体:☆☆☆ ストーリー:☆☆☆ 10作以上の短編集。一つ一つは面白い物もあったがあたまの切り替えが難しく、一気に読むのが難しかった。たまにどういう意味なのか分からない物もあった。